営業や転職に関する相談はLINE@でお気軽に♪

営業コンサルと法人向け人材コンサルAKIのブログ

お問合せはこちらから

座間味島で日帰りシュノーケルするならどっち!?古座間味・阿真ビーチのメリットデメリット

AKI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
AKI
リクルート系営業会社に9年勤務。悩める営業女子のための、「売れっ子営業マンになるためのノウハウ」をお伝えしていけたらと思います!

こんにちは!旅好き女子@AKIです!

 

今日は日帰りで座間味島に行く際に、古座間味ビーチか阿真ビーチどっちでシュノーケルしようか迷っている方に向けた記事です。

 

座間味島には超有名な2大ビーチ!古座間味ビーチと阿真ビーチがあります。

 

せっかく座間味島に行くんだから綺麗な海でシュノーケルしたいですよね(^^)

どちらも座間味港からバスが出ているのでアクセスバッチリ!ただ日帰りだから何方とも行くには時間がない…そんな方の為に古座間味ビーチ・阿真ビーチの特徴をメリット・デメリット含めてご紹介しますね。目的によりますが

 

熱帯魚なら古座間味、ウミガメなら阿真です!

 

是非参考にしていただければと思います!それではどうぞ(^^)

  

座間味島に行くなら日帰りシュノーケルがおすすめ

座間味島は慶良間諸島に位置する島々の1つです。

国立公園にも指定されており、国内外から綺麗な慶良間ブルーを求めてたくさんの観光客が訪れます。

 

那覇からも高速船で50分、フェリーで2時間で行けるので日帰りで気軽に訪れることが出来るのも人気の理由です!

そしてもちろん日帰りでもシュノーケルを楽しむことが出来ます!

 

私も座間味島を最初に訪れた際は日帰りでした。そこで迷ったのが”古座間味ビーチ”と”阿真ビーチ”のどちらに行こうかという事です。ちなみに私は欲張るタイプなので最初”どちらも行く”という選択をしました(笑)

ただ結局時間が気になってしまいどちらとも不完全燃焼に終わってしまうという…(T_T)

 

私と同じミスをしないように、そして日帰りでも充分にシュノーケルを満喫していただけるように古座間味ビーチ・阿真ビーチの特徴と、メリットデメリットを分かりやすく解説していきます!是非参考にしていただければと思います。

まずは古座間味ビーチからです、どうぞ(^^)

古座間味ビーチのメリット・デメリット

古座間味ビーチです(^^)

座間味港からバスで10分弱で到着します。おそらく座間味島の中で1番人気のあるビーチかと思います。初めて古座間味ビーチに降り立った時は海の青さに本当に感動しました(T_T)

 

では古座間味ビーチのメリット・デメリットを下でご紹介します。

古座間味ビーチのメリット

まずはメリットからご紹介しますね!

 

  • 施設が充実している
  • 熱帯魚・サンゴが見れる

 

では詳しく解説していきましょう!

施設が充実している

古座間味ビーチは品揃え豊富な売店がビーチ内にあり、食べ物・飲み物のレパートリーもめちゃくちゃ豊富です。

なんなら座間味村にある飲食店より豊富です(笑)

 

マリングッズに関してはシュノーケルグッズはもちろん、パラソルなどもレンタルできます。

このソーキそば、期待以上に美味しいです!!

熱帯魚・サンゴが見れる

遊泳可能エリアの中にサンゴ群があるのでカラフルな熱帯魚を見ることができます。

私が行った日は台風通過後でやや濁っていましたがそれでもとても綺麗でした!

 

少し泳いでいったところにサンゴ群があるので、出来ればライフジャケットを着て泳ぎましょう!※ライフジャケット着用は必須ではないです。

 

座間味ならではのカラフルな海の世界を楽しむことができますよ(^^)

古座間味ビーチのデメリット

ではお次は古座間味ビーチのデメリットになります。

 

  • ビーチに人が多い
  • 徒歩だと厳しい

 

それではどうぞ!

ビーチに人が多い

古座間味ビーチは人気のあるビーチなので人が多いです。

 

パラソルをレンタルで借りれるのですが、上の写真のように隣のパラソルとかなり近めに設営されます。なので静かなビーチでゆっくりくつろぎたい方には不向きかもしれません。

 

繁忙期を避けていくか、朝イチに訪れると比較的空いているかと思います。

徒歩だと厳しい

バスで10分弱で到着するので徒歩でも行けるのかな?と思われると思いますが、上り坂がきつくてなかなか厳しいです!

多分ビーチにつく頃にはHPがかなり減っている状態になります(笑)

 

体力のある方であれば30分弱で到着するとの事でした。日帰りだと時間が限られてくるのでバスを利用した方が賢明です。

阿真ビーチのメリット・デメリット

阿真ビーチ上陸~、曇ってる~~( ^)o(^ )

 

阿真ビーチといえばウミガメ、ウミガメといえば阿真ビーチです!!

 

 

それでは阿真ビーチのメリット・デメリットを下でご紹介します。

阿真ビーチのメリット

まずはメリットからご紹介~。

 

  • ウミガメが見れる
  • 座間味港から徒歩で行ける

 

それでは詳しくどうぞ!

ウミガメが見れる

阿真ビーチといえばウミガメ!ウミガメといえば阿真ビーチです!(2回目)

熱帯魚やサンゴが見れるビーチはたくさんありますが、カメが見れるビーチはなかなかありません!

 

こんな感じで至近距離でカメと泳ぐことができるんです!

過去3回阿真ビーチで泳いでいますがカメとの遭遇率100パーセントです!可愛すぎてどんだけでも一緒に泳いでいられますよ~。

 

カメに高確率で会える時間帯は早朝もしくは満潮から2~3時間の間になります。日帰りだと早朝に訪れるのは厳しいので満潮の時間を調べて行きましょう。

満潮の時間は毎月変わるので「座間味 満潮」で検索してみて下さいね(^^)

座間味港から徒歩で行ける

阿真ビーチまでは座間味港から1.5キロ、歩いて20分程度で到着します。

古座間味ビーチと違い港からの道は割と平坦です。そして映画”マリリンに会いたい”のシロの像が途中にあったりと散歩気分で楽しく向かう事ができます。

 

座間味港からバスも出ていますのでアクセスもばっちりです!といっても1時間に1本ぐらいしかバスがないので日帰りの場合は特に、帰りの時間もしっかり調べていきましょう。

阿真ビーチのデメリット

ではお次は阿真ビーチのデメリットになります。

 

  • 売店がビーチ内にない
  • サンゴが少ない

 

それでは詳しく解説します、どうぞ~!

売店がビーチ内にない

いい意味であまり観光地化されていないのでビーチ内に売店はありません!

座間味港付近の商店で飲み物や食べ物は買っていきましょう。

 

シュノーケルグッズのレンタル等は近くの民宿で行っているところもあるみたいです。

熱帯魚が少ない

阿真ビーチはウミガメと泳ぐことが出来るという事で有名なビーチです。ですので熱帯魚の数は古座間味ビーチより多くなかったです。

 

私が訪れた際には遊泳区域内にはサンゴ群があまりなかった印象です。ただ古座間味ビーチと違い阿真ビーチは広いのでじっくり探せばサンゴ群や熱帯魚の群れも見ることが出来るそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

私個人的にはカメと泳げる阿真ビーチが楽しかったです!(^^)

ただ、上記にあるように各ビーチに特徴があるので是非参考にして頂いて座間味島でのシュノーケルを満喫していただければと思います!

 

どちらもそれぞれ魅力的ですし、とってもきれいな慶良間ブルーの海を楽しんでもらえますよ!

他記事でも座間味島の魅力をお伝えしておりますので見てみて下さいね(^^)/それではまた♪

この記事を書いている人 - WRITER -
AKI
リクルート系営業会社に9年勤務。悩める営業女子のための、「売れっ子営業マンになるためのノウハウ」をお伝えしていけたらと思います!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ”売れる女”戦略会議 , 2018 All Rights Reserved.