営業や転職に関する相談はLINE@でお気軽に♪

営業コンサルと法人向け人材コンサルAKIのブログ

お問合せはこちらから

シュノーケルにもってこい!インスタ映えできる水中カメラ”Tough (タフ) TG-5”が最強な理由

AKI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
AKI
リクルート系営業会社に9年勤務。悩める営業女子のための、「売れっ子営業マンになるためのノウハウ」をお伝えしていけたらと思います!

こんにちは!アラサー旅好き女子@AKIです。

 

今日はシュノーケルに持っていくならこれ!おすすめ水中カメラをご紹介します。

 

 

せっかくキレイな海に行くなら水中の写真もバッチリ納めたいですよね(^^)

私は陸でも海でもカメラで写真を撮るのが大好きです!

 

アラサーだってインスタ映えしたい(´_ゝ`)!!

 

ただ水中カメラ1つとっても今の時代本当に色々出てます。カメラに詳しくないと色々と小難しい説明されたところで違い分かんないですよね。

私も何がいいのかさっぱり分からずでしたが、有名インスタグラマーの方が使っているのを真似して買ってみました。

 

そしたら…ほんとに映えました。すごい。

 

 

私のようなカメラ初心者でもめちゃくちゃキレイな写真がとれるおすすめ水中カメラがこちらです。

だんっ!!

 

Tough(タフ)TG-5

 

Olympusから出ているTough(タフ)です。

割と有名な商品なので耳にした事がある方も多いはず!

私はビーチリゾートが好きでよく行くので、使い倒すぐらい使っています。もう、今すぐインスタグラマーになれるんじゃないかぐらいキレイな写真が撮れちゃいます。

 

これ1つあれば陸でも水中でも大丈夫、クオリティ最高な写真が簡単に撮れます!!

ではTough(タフ)の魅力を余すところなくお伝えしていきますね~!どうぞ(^^)

  

ファースト水中カメラならTough(タフ)がおすすめ

Olympus社から出ているTough(タフ)シリーズ。

 

Tough(タフ)という名の通り、タフなカメラです!!!(笑)

 

 

おっさん
その説明はさすがにまずい。

 

 

すいません。でもあながち間違ってない、というか正しい!

簡単に言うとちょっとの衝撃じゃ壊れません!

 

耐衝撃、防塵を備えているのでとにかく強いです。海などアクティブなシーンで使いたいカメラなので壊れるのを気にしながら使うのって神経使いますよね。

私も何回か不注意で海底に(笑)落としてしまった事もありますが無傷でした。

 

防水ケースを装着しなくても、そのまま水中に持ち込む事ができます。水深15メートルまでは耐えられるアクティブさです。

 

アウトドアでガンガン使えるのでとにかく重宝しています。

 

そして何といっても写りが綺麗!!

水中カメラって写りはいまいちなものが多いと思うんですがTough(タフ)は驚くほどきれいな写真が簡単に撮れちゃうんです。

 

では実際に私がシュノーケルで水中を撮影した写真をご紹介します!

シュノーケルに超おすすめ!最強水中カメラTough(タフ)を使って撮影してみた

海に行くのがとても好きなわたし、本当にTough(タフ)にお世話になっています。

 

実際に私がシュノーケルの際に水中で撮影した写真がこちらになります\(^o^)/

 

めちゃくちゃキレイじゃないですか??(冗談抜きに)

 

私、もともとOlympusのカメラの鮮やかに映る感じが大好きでミラーレス一眼は持っていたんです。

 

Olympusのカメラの好きなところがアートフィルターが充実しているところです。Tough(タフ)にももちろんその機能は搭載されています。

  • ポップアート
  • トイフォト
  • ビンテージ…

等々、撮りたいイメージに合わせてフィルターをかけてくれます。

 

ちなみに上の写真はポップアートモードで撮影したものになります。海のブルーが鮮やかに映せてまさにインスタ映えな写真が簡単に撮れちゃいますよ(^^)

 

是非一度試してみて下さいね!

Tough(タフ)TG-5をおすすめしたい理由

私がTough(タフ)を激推しする理由がこちらになります

 

  • 軽い
  • 簡単
  • オールマイティー

 

とにかく使い勝手が最高にいいです!

では詳しく解説していきます(^^)

軽い

コンパクトなのでカバンの中に入れてもかさばりません。

 

海に持っていくにも手のひらサイズなので持ち運び便利です。

大きいカメラって荷物が重くなってしまって、持ち運ぶのが億劫になってしまったりするんですよね。結果持っていくのがめんどくさくなって使わなくなってしまう事が私もあったので軽いにこしたことはないです。

簡単

よくありませんか?

いいカメラを手に入れたはいいものの上手く使いこなせず宝の持ち腐れになってしまう事。

 

私全然カメラに詳しくないんですが、小難しい設定をしなくても綺麗な写真が取れます。

 

明るさの足りない水中での撮影や、夜間の撮影も簡単にできる優れものです。

また撮影した写真をすぐに携帯に飛ばせるので撮影してすぐにSNSにアップすることも可能ですよ( ^)o(^ )

オールマイティー

水中以外でもフル活用できます。

ミラーレス一眼と性能がそんなに変わらないので手軽に持ち運べる便利さから私はTough(タフ)ばっかり使っています。

陸でもとても鮮やかできれいな写真が撮影できますよ(^^)

私のInstagramのこちらのアカウント、ほぼTough(タフ)で撮影した写真なので良ければ覗いてみてくださいね(^^)
@aki_0117

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

Tough(タフ)はどんなシーンでもマルチに活躍してくれる万能カメラです。

水中でTough(タフ)より鮮やかでキレイな写真が撮れるカメラはなかなかないかと。

 

名前の通り丈夫なので長く使っていただけると思いますよ!

アクティブにフル活用したい方は是非カメラ選びの候補に入れてみて下さいね(^^)ではっ。

この記事を書いている人 - WRITER -
AKI
リクルート系営業会社に9年勤務。悩める営業女子のための、「売れっ子営業マンになるためのノウハウ」をお伝えしていけたらと思います!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ”売れる女”戦略会議 , 2018 All Rights Reserved.