営業や転職に関する相談はLINE@でお気軽に♪

営業コンサルと法人向け人材コンサルAKIのブログ

お問合せはこちらから

「お願い営業したくない」は正しい!トップ営業がお願い営業しない3つの理由

AKI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
AKI
リクルート系営業会社に9年勤務。悩める営業女子のための、「売れっ子営業マンになるためのノウハウ」をお伝えしていけたらと思います!

こんにちは!悩める営業女子の味方@AKIです!

 

今日は売れたいなら”お願い営業”をするべきではない!という記事です。

 

”今月ノルマ達成できない…”となったとき、上司から「お願い営業でも何でもしてこんか~」と言われた経験、ありませんか?私の会社では締め切り日になると”お願い営業”という言葉が飛び交っていました。

営業の世界では”お願い営業”という言葉があるくらい浸透しているのが事実です。ただ…

 

お願い営業は極力しないでください

 

お願い営業をする事は、あなたの長い営業マン生活においてプラスになりません。お願い営業をしたその日から何となくお客様と自分双方ともに貸し借りの気持ちが生まれ、対等にビジネスが成立しなくなってしまうからです。そしてあなた自身も営業を楽しめなくなっていまいます。

 

この記事を読んでいただければお客様と対等なビジネスパートナーで居続ける為にお願い営業は極力すべきではないという事がご理解いただけると思います。それではどうぞ!

  

お願い営業とは何か

まずは”お願い営業”とは何?というところですね、言葉通り”お願いをして受注をもらう事”です。

主に関係性が出来ているお客様に行う事が多いです。

 

ワタシ
社長…大変申し訳ないのですが今月売り上げが足りなくて…
お客様
そうか…今回だけじゃぁ追加で発注するよ。

 

言葉通りこんな感じです。

営業マンはノルマ達成が必須なのでノルマを達成する為にあの手この手考えます。その一つの方法がお願い営業なのです。

あなたの上司もあなた自身や営業所を達成させなければならないので「お願い営業出来るところない?」と促してしまうのも分からんでもないです。

 

ただ、私はどんなにノルマが厳しくてもお願い営業だけはしませんでした。

私がお願い営業しなかった理由

私は上司に頼まれても断固としてお願い営業しませんでした。

私の会社は個人目標の他に営業所目標も週単位で追っていました。つまり自分個人のノルマを達成していても営業所が達成しないと締め切りギリギリまで毎週目標を追わないといけない暗黙のルールがありました。

 

私は個人ノルマを達成している事が多かったのですが営業所が未達成の事はよくあり、そのたびに上司が「どっかお願いして入れてくれるところないかな?」と申し訳なさそうに言って来ました。

営業所の為に私にお願い営業をしてくれという事です。

私はその度に「出来るだけ頑張りますね」とだけ答えてその場を流していました。もちろんお願い営業なんてしていなかったです。

 

どう考えてもお願いして受注をもらうという行為がお客様にも私にも何の得にもならないからです

 

お願い営業をすることでお客様と自分の間に生まれるものは何もありません。私がお願い営業をしたくない理由は3つありました、下記をご覧ください。

「お願い営業したくない」は正しい3つの理由

”お願い営業したくない”とあなたが思っている気持ちは正しいです。お願い営業をしない選択の方が長い目で見たときにお客様からの信頼が厚くなり、業績は伸びます。

実際にお願い営業をするとどんな事が起こるのでしょうか。

 

  • お客様からの信頼を失う
  • 売れていない営業マンというイメージが付く
  • 貸し借りができてしまう

 

良くないことばかりなのです!詳しく説明していきます。

信頼を失う

良いビジネスパートナーとして今まで付き合ってきたお客様。

あなたは当初、お客様の事を思って必死にプランを考え、こちらのサービスを買っていただいて満足していただくという事を目的にして営業活動していたと思います。

 

今あなたとお客様の間で取引が成立しているのは、あなたの人間性含めトータルで評価していただいた結果です。

 

お願い営業をすることによって、今までのやり取りで築き上げてきた信頼が揺らいでしまう可能性があります。

売れていない営業マンというイメージが付く

あなたが逆の立場だった時どうですか?

お願い営業をしてくる営業から商品を買いたいと思いますか?

 

どんな事情でお願い営業をしてきているのかお客様に深くまで説明をすることはないでしょうし、お客様はそんなことに興味もありません。

 

お願い営業をしてくる=売れていないのかな… と思われてしまうでしょう。

 

自分だったら売れている営業マンと取引がしたいですし、仕事を任せている相手は余裕のある営業マンでいてほしいと思います。

貸し借りができてしまう

お願い営業をすると何となくお客様に借りを作った…という気持ちになってしまいませんか?

その時点で対等なビジネスパートナーではなくなってしまいます。

 

もしかすると今後「あの時聞いてあげたんだからちょっとぐらいサービスしてよ~」という話にもなってしまうかもしれません。そうするとあなたは「確かにな…」と少し後ろめたい気持ちになるでしょう。

 

貸し借りのある関係性と考えてしまうとあなたの気持ちも重くなってしまいストレスになっていきます。

お願い営業をしなくてもいいように

お願い営業をしなくてはならないシチュエーションは”営業ノルマを達成していない”時です。

ギリギリになって数字を追わないといけない状況を避けるために計画性を持って動きましょう。

ノルマを余裕を持って達成する為にも数字構築を意識して毎日動きましょうね、他記事でも営業ノウハウを紹介しているので参考記事を貼っておきます。

 

参考の記事はこちら↓

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

お願い営業はあなたの営業マン生活を長い目で見たときにマイナスでしかないと思います。

そしてお願い営業を本当はしたくないと思ってお客様にお願いをするのって自分にとっても大きなストレスになりますよね?

 

私は営業を頑張っているみなさんには少しでもストレスなく楽しく働ける選択をしてほしいと思っています。お願い営業をしなくても良くなる為の営業ノウハウを他記事でも書いていますので是非参考にしてみて下さいね!

 

LINE@でも日々の営業の悩みや困っている事などお気軽にご相談して下さい。

あなたの営業人生が少しでも楽しくなりますように願っております、お読みいただきありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
AKI
リクルート系営業会社に9年勤務。悩める営業女子のための、「売れっ子営業マンになるためのノウハウ」をお伝えしていけたらと思います!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ”売れる女”戦略会議 , 2018 All Rights Reserved.