営業や転職に関する相談はLINE@でお気軽に♪

営業コンサルと法人向け人材コンサルAKIのブログ

お問合せはこちらから

トップ営業マンが解説!手帳の選び方とおすすめ手帳NOLTYの中身とは?

AKI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
AKI
リクルート系営業会社に9年勤務。悩める営業女子のための、「売れっ子営業マンになるためのノウハウ」をお伝えしていけたらと思います!

こんにちは!

悩める営業女子の味方@AKIです(^^)

 

今日は”営業マンの手帳の選び方と使い方”についてお伝えします。

 

毎年手帳を変える時期になると、なんとなく心機一転ワクワクして最初だけやたら気合い入れて使いませんか?

これ絶対女子あるあるだと思います、まぁ1週間ぐらいでその熱はスッと冷めますが 笑

 

たかが手帳、されど手帳!

 

営業のスケジュール管理をバッチリしてくれるあなたにあった手帳を見つけだせると、モチベーションも売り上げもアップするんです!!

 

この記事では私が営業マン人生10年、毎年手帳を買いつづけてこれが一番使いやすかった!と思うベストな営業手帳と、使い方についてお伝えしていきます。

 

あき
これを使えばあなたも爆売れしちゃうかもよ…

 

 

それではどうぞ!

  

営業マンはどのタイプの手帳を選べばいいの?

めちゃめちゃ色々ありますやん…

 

そうなんです、ビジネス手帳ってめちゃくちゃ種類豊富なんです。

 

まず、ビジネス手帳には”ノートタイプ”と”システム手帳タイプ”の2種類があります。

 

どちらも使ったことがある私が、メリット・デメリットをまとめてみました。



ノートタイプ

毎年買い替えるタイプのスケジュール帳です。

大体毎年9月ごろから店頭に並び始めます。

中身も用途によって色々なフォーマットが用意されていますよ!

 

【メリット】

  • かさばらず持ち運び便利
  • 必要な機能が全てまとまっている

 

【デメリット】

  • 毎年買い替えなければいけない
  • 資料等挟めない

 

システム手帳タイプ

リフィル(中身)を足していって自分でカスタムして使うタイプの手帳です。

東急ハンズやロフトなどに売っているシステム手帳に多いのはリング径20~25㎜のタイプで、リフィルは別売りになっています。

 

1年分の週間スケジュールだけでリフィルは100枚を超えます。

用途に応じて名刺入れ・メモ帳など追加していけます、大体200枚ぐらいは挟めますね。

 

【メリット】

  • リフィルを入れ替えればずっと使える
  • リフィルを足して自分なりのアレンジができる

 

【デメリット】

  • リフィルがわりとすぐ破れる 笑
  • 持ち運びが重い
  • 本体であるバインダーが高い

 

総じて私のベスト営業手帳はNOLTYノートタイプ!

 

私のベスト手帳はNOLTYノートタイプです!!

 

こちらの手帳は5年間使いづけていました、お世話になりました。笑

 

私が長い営業人生で愛用していたNOLTYの魅力がこちら!

 

  • 軽くて持ち運びやすい
  • スケジュールが見やすい

 

詳しく解説していきます!



軽くて持ち運びやすい

A5サイズでコンパクトなのでかさばりません。

 

営業カバンの中に入れても重くないので、持ち運びにもとても便利です!!

 

ちなみに私、新人の頃はバインダータイプのシステム手帳を使っていました。

 

というのも週刊誌を扱う求人広告会社に勤務していたので商品内容や締め切りスケジュールと、とにかく覚えておかないことが山ほどあったんです。

バインダーにこれでもかってぐらい資料挟んでいました。

 

なのでもうシステム手帳は常にパンパンで重いのなんの、このスマホで色々と管理できる時代にありえんぐらいの重さの手帳を持ち運んでいたのです。

 

しかも1万円を軽く超えてくるシステム手帳を実費で買うという・・・経費で頼むわとは言いだせず。

 

その点NOLTYはめちゃくちゃ軽い!かさばらない!

 

今、日経ウーマンと共同開発されたシリーズも出ています。

女性営業マンの方にピッタリだと思いますよ!

スケジュール管理しやすい

NOLTYの手帳は週刊スケジュールが見開き1ページでチェックできたり、メモを取れるフリーページも充実しています。

 

 

コンパクトなのに中身が超充実しているんです。

 

1日のスケジュール欄の下にTODOを管理できるスペースもあるので、営業の合間にやらなくてはならない事を書きだしたりするのにも便利でした!

手帳の中身は?

お次は肝心の中身です。

ビジネス手帳は商品によって中身のレイアウトが変わってきます。

大きく分けると4種類です。

 

  • マンスリー
  • 週間レフト
  • 週間バーチカル
  • デイリー

 

見開きで1か月分のカレンダーが見れる「マンスリー」・見開きの左に1週間のカレンダーがあり右はメモで使える「週間レフト」・見開きで1週間の時間軸が見れる「週間バーチカル」・1ページに1日分の予定を書き込む「デイリー」です。

 

では営業手帳にはどのタイプがベストなのでしょうか?

営業手帳は週間バーチカルタイプがベスト

営業マンのあなたには絶対に週間バーチカルタイプをお勧めします。

 

 

週刊バーチカルタイプは1週間の予定を見開き1ページですぐに確認できます。

※私が実際に使っていたやつなので角ぼろぼろですいません(笑)

 

どの時間にどのお客様のところに商談に行くかなどを1ページでチェックできるので圧倒的に整理がしやすいです。

 

あと、毎日のスケジュールの下にタスク整理ができる項目が付いているので1日の予定もここで整理できちゃいます!

実際の使い方

アポイントの予定は時間と社名を記入し矢印で大体の目安時間をひっぱっておきます。

 

スケジュールの下にはその日にやらなくてはいけない事をタスク化しておきます。完了したら消して増えたら書き足してを繰り返していきましょう。

 

毎週定例で決めている予定は付箋を活用しましょう。月曜日にこの予定を終えたら・・・

こんな感じで次の週の同じ時間のところに張ります。

まとめ.営業手帳はNOLTY週間バーチカルタイプで決まり!

いかがでしたでしょうか。

 

私も自分的ベスト手帳に巡り合うためにめちゃくちゃ色々試しました。

 

結果”NOLTYノートタイプ×週間バーチカル”がバリバリアクティブに動き回る営業さんにはベストだと思います!

 

ただ色々カスタマイズしたい方はシステム手帳タイプもアリだとは思います、本当に重くて破れやすいことだけが私は気になるだけなので 笑

 

1年間ずっと使い続ける手帳なので自分に合った愛着のわくものを選んでくださいね。

 

今回の記事の感想やその他営業シーンでのお困りごとなどLINE@でお気軽にご相談して下さいね。

 

あなたの営業活動が今日から少しでも楽しくなりますように願っております、お読みいただきありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
AKI
リクルート系営業会社に9年勤務。悩める営業女子のための、「売れっ子営業マンになるためのノウハウ」をお伝えしていけたらと思います!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ”売れる女”戦略会議 , 2018 All Rights Reserved.