営業や転職に関する相談はLINE@でお気軽に♪

営業コンサルと法人向け人材コンサルAKIのブログ

お問合せはこちらから

結婚式したくない派の女だった私が式を挙げる3つのメリット語ります

AKI
WRITER
 
結婚式したくない女
この記事を書いている人 - WRITER -
AKI
リクルート系営業会社に9年勤務。悩める営業女子のための、「売れっ子営業マンになるためのノウハウ」をお伝えしていけたらと思います!

こんにちは!

悩めるアラサー女子の味方@AKIです。

 

この記事は結婚式をしたくないと思っている女性に向けた内容です。

 

結婚式したくないんです…

 

その気持ち、とても良く分かります!!

私も独身時代、結婚式をしたくないと強く思っていたからです。

 

 

ただ結果的に、私は結婚式を挙げて良かったと思っています。

 

結婚式をする、しないは自由です。今は「結婚式ナシ派」の人も多く、結婚式にお金をかけるぐらいなら新婚旅行にお金をかけたいという声もよく聞きます。

 

ただ、あなたが今少しでも迷っているのであれば、あなたと同じ心境だった私のお話が参考になるかと思い気持ちを綴りたいなと思いました。

✔ 私が結婚式をしたくなかった理由
✔ 私が結婚式を挙げた理由
✔ 結婚式を挙げたメリット

これらのポイントに絞ってお話させていただきます。

 

共感していただけるところも多いかと思うので是非読んでみて下さいね!

それではどうぞ。

  

結婚式したくない派の女だった私の「したくなかった理由」

むしろする理由教えてくれってレベルでした…

 

私が結婚式をしたくなかった理由がこちらです。

✔ めんどくさい
✔ 恥ずかしい
✔ お金もったいない
✔ ドレス着たくない
✔ 誰呼ぶか問題

詳しくどうぞ!

めんどくさい

私は極度のめんどくさがりです。

結婚式は準備が本当に大変と聞いていました。

 

プランを式場スタッフと何度も打ち合わせして決めたり、出席者リストを作ったり、引き出物を選んだり…もう書ききれないぐらいやることがあるというのが分かっていたので、やる前からめんどくさがりの私には無謀だと悟っていました。



恥ずかしい

 人前で誓いのキスとか冗談だろ…

 

親や会社の人がいる前でキッス(笑)

どんな罰ゲームやねんって思ってました。

 

人の結婚式に行ってもあんまり見たくないシーンなので、自分がそれをやらなくてはいけないと思うと背筋が凍るキモチでした。

お金がもったいない

1日で数百万円がぽーーーーーんと飛んでいくんです。

冷静にめちゃくちゃもったいないと思っていました。

 

数百万ですよ!?給料何か月分だよ…。

このお金があったら海外旅行に何回行けるだろって考えていました。

ドレス着たくない

私、着かざる事がほんっっっとうに好きじゃないんです。

例を挙げるとこんな感じです。

✔ スカートよりパンツ派
✔ プリンセスとか興味ない
✔ 派手なメイク苦手
✔ 盛り盛りヘアー苦手
✔ ボディライン出すの苦手

女の子全開なドレッシースタイルが本当に似合わないし苦手なので、自分のドレス姿にとても抵抗感がありました。

誰呼ぶか問題

友達・同僚誰呼ぶか問題です。

10代・20代の私の交友関係は”広く浅く”だったので、結婚式に呼んでも迷惑がられるだろうな…等深く考えて憂鬱になっていました。

 

そういう事を考えてさらに挙げたくなくなっていました。

結婚式したくない派の女だった私が結婚式を「挙げた理由」

結婚式したくない女

親孝行の為です。

 

1人娘という事もあって両親は私の結婚を強く望んでいました。

一度私が結婚式を挙げたくないことをちらっと言ったことがあるんです。

 

結婚式やらんとこっかな~~~
……いやいや。

 

すごく悲しそうな顔をされたのを覚えています(笑)

娘の一生に一度の晴れ姿は見たいだろなとも思ったし、やっぱり見せてあげなきゃなという責任感もありました。

 

おそらく夫婦2人だけの話であれば、挙げないもしくは海外挙式という選択になっていたと思います。

ただ一方で親の為に挙げようというのも私の本心でした。

 

そして完全前向きではないながら、私は結婚式を挙げるという選択をしました。



結婚式したくない派の女だった私が感じた「結婚式を挙げる3つのメリット」

結婚式したくない女

結婚式を終えてみて、挙げて良かったと心の底から思いました。

「いい1日だったな…」と今振り返っても思います。

 

結婚式したくない派だった私が感じた結婚式を挙げるメリットがこちらです。

主役になれる

自分が主役って思ってたより気持ちよかった…(笑) 

 

皆が自分の為に集まってくれて、盛大にお祝いをしてくれます。

そんな日願っても一生のうち何回も訪れないですよね。

 

案外癖になりますよ(笑)

周りの愛を感じられる

こんなにも周りのみんなに愛されていたんだと感じることができます。

 

友達が私の為に長い時間をかけて準備してくれた余興だったり、周りのみんなからの祝福のメッセージで自分はこんなに周りの人に恵まれて過ごしてきたんだと感じることができました。

 

結婚式を挙げていなかったら気付けなかった事です。

最高の親孝行になる

結婚式したくない女これは間違いないです。

 

私の親父はまだ式が始まっていないのに永遠に泣き続けていました。(笑)

やっぱり子供の晴れ姿は何歳になっても感動するんだろうなと…。ワンワン泣く親を見てやってよかったなと心の底から思いました。



結婚式あげたくない派のあなたに

結婚式あげたくない派だった私があなたに伝えたいのは、”結婚式悪くないよ”って事。

 

私もおそらくあなたと同じぐらい結婚式を挙げるかどうかで悩んでいました。ただ今となっては、挙げていなかったら後悔していただろうなと思います。

 

結婚式当日は、人生で二度とないぐらいハッピーな日になります。

もちろん挙げたからこそ分かった事なんですけどね。

 

少しでも迷っているなら、是非挙げる方向で前向きに考えてみて下さい。

きっと後悔のない選択になると思いますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

”結婚式したくない”と悩んでいる人が最近とても多いので私の想いを綴ってみました。

実際に結婚式を挙げてみたら恐らく180度意見が変わるので、騙されたと思って是非参考にしてみて下さいね。

 

あなたが後悔のない選択が出来ることを祈っています。

お読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
AKI
リクルート系営業会社に9年勤務。悩める営業女子のための、「売れっ子営業マンになるためのノウハウ」をお伝えしていけたらと思います!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ”売れる女”戦略会議 , 2019 All Rights Reserved.