営業や転職に関する相談はLINE@でお気軽に♪

営業コンサルと法人向け人材コンサルAKIのブログ

お問合せはこちらから

営業先に怖い客が…それはチャンス!行くのが辛い怖いお客さんの攻略方法は?

AKI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
AKI
リクルート系営業会社に9年勤務。悩める営業女子のための、「売れっ子営業マンになるためのノウハウ」をお伝えしていけたらと思います!

こんにちは!

悩める営業女子の味方@AKIです。

 

この記事では実際に私が体験したエピソードも交えて怖いお客様ほど克服してして受注につなげる必要性と攻略方法をお話していきたいと思います。

 

なんとな~く怖いお客様…営業活動をしていると出くわす事ありますよね。「もう電話してくんな(怒)!!」という威圧的な方から、こちらが話しても終始めちゃくちゃうっす~い塩対応の方まで色々なタイプの怖いお客様がいらっしゃいます。

初回にそういったお客様に出くわすと、ついつい足が遠のいて話を聞いてくれる優しいお客様のところに流れてしまいますよね。

結論から言います。

 

怖いお客様ほど攻略すべきです!!

 

 

怖いお客様のところには他の営業マンも同じ気持ちで足が遠のいているのでライバルが少ないのです!なので攻略すれば大型受注をいただけたりする可能性も高くなります。是非この記事を読んで苦手意識を克服してくださいね!

 

では実際に私が営業マン時代によく遭遇した怖い客エピソードからご紹介します。

  

営業で出くわす怖い客エピソード

新規営業をしているとこの人苦手だな…という怖いお客様にぶち当たることがあるかと思います。私も度々ありました(笑)

 

私は前職求人広告の営業をしていたので新規営業を日常的に行っていました。主に飛び込み営業と電話営業を使い分けて営業を行っていたのですが、電話営業の際には今現在他広告で掲載しているお客様をメインで電話架けをしていきます。他からうちに乗り換えませんか?という営業スタイルですね。おそらく他業種の営業でもこのような方法で新規営業をしていくところが多いのではないでしょうか。

営業電話をかけていると受付時点でガチャ切りをされるところから、まれに話を聞いてくれるところから様々です。そしてたまーに

 

「他でやってんの知ってて電話かけてきてるんやろ?(怒)」

 

という明らかに怒ってるー(T_T)なお客様に出くわすことがありました。ここでみなさんならどうしますか?おそらく、申し訳ありませんとその場謝罪してその後接触しないという方が多いのではないでしょうか。気持ちはわかりますが…

 

こんな時ほど食い下がってアプローチしてください!!

 

怖いなと感じたお客様ほど受注見込み客だったりする場合があります!

怖い客ほど営業をかける

もちろん相手の温度感を見極めることが一番重要です、火に油を注ぐのは絶対にNGです。

 

ただ1つ言えるのは怖いお客様ほど他の営業がアプローチしていないのでライバルがいません。

 

人間の心理として自分に優しくしてくれる人のところに足が向いてしまいますよね。営業シーンでも同じで、無意識に自分が苦手なお客様を避けていたり、話を聞いてくれるお客様にばかり足しげく通ったりしている営業が多いと思います。新人営業は特にその傾向が強いと思います、話を聞いてくれて見込みアリかなと思っていても受注に繋がらなかった…という相談を新人営業から受けることがよくありました。

 

話を聞いてくれるお客様はどの営業の話も聞いています。

 

誰にでも優しいお客様は”自分だから”話を聞いてくれている訳ではないので、ライバルが多く選ばれにくくなります。この逆で怖いお客様が自分の提案を聞いてくれてこの営業から買ってもいいと思っていただければ受注に繋げられる確率が高いのです!!

 

では実際に怖いお客様にどのようなアプローチをすればいいのでしょうか?

”怖い客”克服方法

怖いと感じるお客様には2パターンいると思います

 

  1. 明らかに威圧的なタイプ
  2. 無言の圧タイプ

 

上記の「他でやってんの知ってて電話かけてきてるんやろ?(怒)」の方は1ですね。2はこちらの提案に反応が薄く何を考えているか分からず怖いというタイプです。

では具体的にどうアプローチをしたらいいのかが次になります。

明らかに威圧的なタイプ

どう見ても怖そう~、なお客様です。思ったことをはっきり言われるので威圧的に感じてしまいますよね。

ただ、この手のタイプの方は何に不満を感じているのかが分かりやすいです。

私が上記に挙げた「他でやってんの知ってて電話かけてきてるんやろ?(怒)」の場合は今他の求人広告で掲載をしているのになぜそれを知っていて電話をしてきたのかという事を私に伝えてきています。

 

なのでこちらとしては

 

ワタシ
大変申し訳ありません。今ご掲載されている広告のご反響は如何かと思いまして。こちらでもお手伝い出来ることがあればと思いお電話させていただきました

 

あくまでこちらの姿勢は崩さずに話し切ってください。

そこであたふたしてしまうと更に先方を怒らせてしまいます。こちらが困っていることがあればそれを聞いて手助けをしたいという内容を伝えればお客様から何らかの答えがもらえます。

 

そこで「今はいらない」であればまた後日接触すればいいですし、何か提案できそうなヒントをもらえれば解決出来る内容を持ってすぐにまた接触しましょう。

 

相手の想いを聞き出せればこちらの提案を聞いていただける可能性が高いタイプのお客様です。

無言の圧タイプ

こちらが提案しても反応が薄すぎてなんとな~く嫌な空気。

何を考えているのか分からなさすぎて会話に詰まって終了、という無言の圧があるお客様いらっしゃいますよね。そこでそそくさと帰ってしまうと次さらにアプローチがしにくくなってしまいます。

 

反応が薄いお客様はおそらく今こちらが話している内容に興味がないのです。

 

なので空気を読んで仕事の話だけでなく、会社としての課題や悩みを聞き出すことにスイッチを切り替えましょう。こういったお客様はこちらに警戒している事が多いので雑談で場の空気を和ませてください。徐々に距離を縮めていきましょう。そんなスキルないよ~という方は下の記事も参考にしてみて下さいね!

↓参考記事はこちら

 

このタイプのお客様は距離が縮まると一気に色々なことを話してくれるようになるパターンが多いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

営業をしていると色々なタイプのお客様と出会いますし、その中にはもちろん怖い・苦手…と感じてしまう人もいるかと思います。ただそんなお客様ほど克服して距離を縮めればパートナーとして長い付き合いをして頂ける可能性が高くなります。

実際に私も最初苦労したな~っていうお客様ほど長くいい関係でお仕事が出来ていたなと思います。その人の人間性って初回だけじゃ分からないですからね!

 

あなたも是非怖いを克服して積極的にアプローチしてみて下さいね!おそらく今より効率よく業績を上げることができますよ!

LINE@でも日々の営業の悩みや困っている事などお気軽にご相談して下さい。

あなたの営業人生が少しでも楽しくなりますように願っております、お読みいただきありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
AKI
リクルート系営業会社に9年勤務。悩める営業女子のための、「売れっ子営業マンになるためのノウハウ」をお伝えしていけたらと思います!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ”売れる女”戦略会議 , 2018 All Rights Reserved.