営業や転職に関する相談はLINE@でお気軽に♪

営業コンサルと法人向け人材コンサルAKIのブログ

お問合せはこちらから

キャバ嬢も営業も一緒!?効率よく売り上げる為の顧客ランク分けの極意

AKI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
AKI
リクルート系営業会社に9年勤務。悩める営業女子のための、「売れっ子営業マンになるためのノウハウ」をお伝えしていけたらと思います!

こんにちは!

悩める営業女子の味方、アキです(^^)

 

この記事ではキャバ嬢でトップに上り詰める方法…ではなくキャバ嬢と営業どちらにも通ずる”顧客ランク分け”の極意についてお伝えしたいと思います。

 

毎日がむしゃらに営業を頑張っているのになかなか結果に繋がらない、そんな悩みを抱えていませんか?サボっている訳ではないのに業績が上がらないという事はもしかしたら、とても効率が悪い営業活動をしているのかもしれません。

 

もちろん真面目にコツコツ頑張り続けることも大切なのですが、より効率よく業績を上げられたら一番いいですよね。

この記事を読んでいただければ無駄な時間を使わず今までより売り上げられるようになりますよ!

 

  

営業からキャバ嬢に転身して大成功?!

 

私の話じゃないんですが(笑)昔私の会社にいた先輩がある日突然キャバ嬢に転職(?)転身したんです、その先輩が言っていた一言が

 

「営業出来たらキャバ嬢なんて楽勝だよ~」

 

あき
そ、そうなんですか・・・・

 

先輩はキャバ嬢に転身してめちゃくちゃ稼ぐようになったらしいんです。その先輩が言っていたのが「営業マン時代と仕事内容はたいして変わらんよ~」との事。当時新人だった私は「え…それはないっしょ」と思いこの言葉の意味がいまいち理解できていなかったんですが、月日がたって私もベテラン社員として多くの顧客を担当するようになって「なるほど!」とめちゃくちゃ腑に落ちました。

 

キャバ嬢と営業の売り上げを上げる極意は一緒だったのです!

 

その秘密がまさに”顧客のランク分け”です。それでは下記をご覧ください!

顧客をランク分けする重要性

ズバリ、ランク分けをすることによって”効率よく”売り上げを上げる事が出来ます!

 

真面目に働いているのに業績が上がらない…そう感じている方は下記の顧客整理とランク分けを今すぐ実践してみてくださいね!1日の使い方がより有意義なものになって売り上げドンドン上がっていきますよ。

キャバ嬢の顧客ランク分け法に習う

 

キャバ嬢もどうやら美人なだけではダメらしく、黙ってても指名がもらえる甘い世界じゃないそう。

当時の私は「ケバい綺麗なお姉さんがドレス着て酒飲んでればお金もらえるんやろ~?」ぐらいに思ってました。ただそれじゃ全然稼げないらしく、1回来ていただいたお客様を自分指名のお客様にするために「今日もお店来てくれる~♡?」みたいなメールだったり電話をして営業活動をしていくそう。そんな地道な努力でどんどん指名が増えて稼げる仕組み。

 

営業と一緒やん!!

 

案外泥臭い感じなんだな~と。その先輩はお客様を「A~Dランクに分けるんだよ~」と言っていました。

A:既に自分を指名してくれてるお客様(月数回来店)

B:月1回お店に来るお客様

C:最近指名なしでお店に来たお客様

D:1か月以上来てないお客様

 

携帯のメモリーは「A 田中さん」「B 山田さん」みたいな感じでごちゃごちゃにならないように登録していって、Aから優先的にメールだったり電話をしていくそうです、なるほど。笑

 

このランク分けこそが安定して売り上げを上げるポイントなのだそうです。

次は実際に営業マンに置き換えた顧客ランク分けの方法をお伝えします。

営業に置き換えた顧客ランク分け法

営業に置き換えてみましょう。私が実際に行っていた方法になります、上記とかなり似ています。

私は求人広告の営業で週刊誌を売っていたので1週間ごとにノルマがありました。1週間の営業に使える時間は本当に限られているので、顧客管理が安定した業績を上げる上でキモになります。多い時で200社程の顧客を担当していたので顧客管理ができていないと限られた時間を無駄にしてしまうことになります。

 

もちろん200社のお客様に毎週訪問はできません、優先順位をつけてアプローチしていく必要があります。私が実際に行っていたのがまさに”自分流顧客のランク分け”です。

 

A:毎週出稿がある顧客

B:2週に1回出稿がある顧客

C:月に1回出稿がある顧客

D:3か月に1~2回出稿がある顧客

E:年に1~2回出稿がある顧客

 

このようにA~Eランクで顧客をランク分けしていました。A~Cは毎週の訪問や電話でアプローチをしていきます。逆にD~Eに関しては毎週アプローチする必要がないのでその分新規開拓に時間を使った方が賢いですよね。なかなか業績が上がらない営業はD~Eにも時間を使いまくってしまっています。結果新規営業などに時間を使えずに売り上げが上手く上がりません。優先順位をつけてAから順にアプローチしていって下さい。

 

さらにプラスして私はその中でも細かくランクを分けていました。

 

  1. 業界でランク分け
  2. リレーション度合でランク分け

 

この2つも超重要です。

1.求人広告の世界でいくと今売り手市場でどの会社も人手不足なのですが特に人がいなくて困っている「物流業界」「介護業界」などのお客様に絞ってアプローチします。

2.顧客との関係性が良好で頑張ってアプローチすればさらに予算を使って大きく出稿してくれるお客様を見極めていました。

 

A~Eのランク分けをしてさらに1~2で絞って時間を使ってアプローチをするイメージです。ランク分けの中身は業界によって変わると思いますが、そこを置き換えればどの業界の営業にも使えるスキルです。

顧客のランク分けが細かく出来ると限られた営業時間の中で最大限のパフォーマンスが出来るようになり、なんとなく営業をこなしていた時より必ず売り上げも上がっていきます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。「営業ができる女性はキャバ嬢も楽勝」という言葉、あながち間違いじゃない気がしてきますよね(笑) 営業活動において顧客整理は重要なポイントになってきます。

 

顧客をランク分けして順番にアプローチするというのは多くのお客様を抱える営業マンには必須のスキルです。”ランク分け”と表現するとなんとなく角が立つと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、営業で使える時間は限られています。その中で最大の成果を出すためには顧客をしっかりと分析し、ランク分けを行うことは必要です。

 

全ての顧客に対して、同じ動きをすることは数字を上げることがミッションの営業マンにはとても効率が悪いです。是非顧客のランク分けを実践して、より効率的な営業活動にしていって下さいね。

 

この記事の感想や、日々の営業活動でお困りの事などLINE@でお気軽にご相談して下さい。あなたの営業活動が今日から少しでも楽しくなりますように願っております、お読みいただきありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
AKI
リクルート系営業会社に9年勤務。悩める営業女子のための、「売れっ子営業マンになるためのノウハウ」をお伝えしていけたらと思います!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ”売れる女”戦略会議 , 2018 All Rights Reserved.