営業や転職に関する相談はLINE@でお気軽に♪

営業コンサルと法人向け人材コンサルAKIのブログ

お問合せはこちらから

会社を辞めたいのに辞めさせてもらえない時に考えたい事【体験談】

AKI
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
AKI
リクルート系営業会社に9年勤務。悩める営業女子のための、「売れっ子営業マンになるためのノウハウ」をお伝えしていけたらと思います!

こんにちは!悩める営業女子の味方@AKIです。

 

今日は、今の会社を辞めたいけど辞めさせてもらえない…と思い悩んでいるあなたに送る記事になります。

 

ます初めに、会社はいつでも辞めれます。

 

なぜなら辞めるタイミングを決めるのは会社ではなくあなた自身だからです。

ただ、あなたが今思い悩んでいる気持ちとっっっても分かります!!なぜなら私も会社員時代に退職を考えた時同じことを思っていましたから!

 

自分の変わりがいないから辞めさせてもらえない、新しい人が入ってこないから自分がいなくなるのは現実的じゃない…

今あなたは自分軸ではない所で考えていませんか?

 

あなたのその責任感は会社にとっては、とても有難いでしょう。

 

ただ、あなた自身が後悔のない選択をすることがとても大切です。

 

”辞めたいのに辞めさせてもらえない”なんてことは実際には無いのです。会社にはあなたの人生をコントロールする権利なんてないんですから。

 

この記事では”辞めたいのに辞めさせてもらえない”と思い悩んでいた頃の私の体験談も含めて、悩んでいるあなたの背中をポンっと押すことが出来ればと思っています(^^)

 

自分の気持ちに正直な選択することが一番大切ですよ!それではどうぞ!

  

【体験談】会社を辞めたいのに辞めさせてもらえない(と思っていた)私

私は営業として10年弱同じ会社に勤務していました。

ちなみに辞めたいと会社に話した回数は計2回です。

 

1回目は4年ほど前で、2回目が辞めるに至った今回です。

最初はただ漠然と環境を変えたいなと思って転職を考えていました。仕事内容には何の不満もなかったのですが、とにかく今とは違う環境に身を置きたかった。

 

なので重い腰を上げて上司に伝えることにしたのです。

 

ワタシ
会社辞めようと思っていて…
上司
……(T□T)( ;□;)今すぐは困る~!お前がいないと回らない~!!人がいないんだ~!!!…(T□T)( ;□;)
ワタシ
…………

 

…まぁこうなることは予想できていました。

自分で言うのも何ですが、私は会社の中でもトップクラスの営業ノルマを持って働いていました。

なので会社としても、そして自分でも漠然と、私が抜けることが大ダメージになると予想ができたからです。

そして上司はこう切り返したのです。

 

上司
何か他にやりたいことがあるのか??
ワタシ
いやこれから探そうかと…
上司
……(T□T)( ;□;)だったらこのまま続ければいいじゃないかぁぁぁ…(T□T)( ;□;)
ワタシ
………

 

 

私はその時、会社を辞めること=悪い事という圧に流されてしまいました。

 

ここには日本の会社あるあるが存在します。

 

あき
会社が納得する理由がないとダメなんかい!!!
上司
そだね~
ワタシ
………

 

会社を辞めたいのに辞めさせてもらえないと考えてしまうワケ

今のあなたはこの気持ちに飲み込まれてしまっていませんか?

 

辞める=悪という空気感

 

会社が納得する理由がない=裏切者。

ちなみに私の会社はこの傾向がとても強かったです。

 

私の会社にはめちゃくちゃ影響力が強いモンスター女性が取締役にいて、辞める子にとても強く当たったり嫌~~な空気をわざと出したりしていました。

 

そんな空気感に耐えきれず退職を言い出せなかったり、押し切られて続けている子が多かったんです。

でもこれって私の会社だけじゃなくて他社にもあることなのかと。

今の時代退職代行ってサービスもあるぐらいですからね。

 

でもそんな理由であなたの人生が左右されるなんてありえないですよね。

あなたの人生はあなただけのものであって、会社のものではありません。

 

私もその事に気付いたので2回目のタイミングでは会社に押し切られることなく退職を決めました。

最終的には自分の心が決めるベシ

自分がいないと会社が迷惑する、これって考えすぎなんです。

あ、いないと困るんですよ、もちろん。

 

ただ、あなたがいなくなると分かった以上会社としては何とかするしかない。ただ会社はそれが手間だからあなたを引き留めることに全力を注ぎます。

 

でもあなたはあくまで会社に雇われている組織の中の一人でしかないんです。そこで会社に”いなくなったら困る”とか、”なんとかしろ”とか言われても筋違いですよね??

 

会社を退職するには、最低2週間前に伝えればいいと法律で決められています。

 

もちろん私のような営業職でいくと顧客の引継ぎもあるので2週間では難しいですが、それでも1か月あれば何とかなるはずなんです。(結局私は半年後に退職できましたが)

 

それさえ守っていればはっきり言って自分が辞めた後の心配までする必要はありません。

現に私がいなくなっても会社は何事もなかったかのように回っていますから。

 

辞めるという決断が自分の人生に最適だと思えば辞めた方がいいのです。

会社を辞めたいのに辞めさせてもらえないときは

 

自分が辞めたいという意思を”はっきりと”伝えるのみです!!

 

迷いが生じていると辞めさせたくない上司はあなたに何とか続けてもらう為に色々な交渉に入ってくるでしょう。

もちろん上司の気持ちも分かります、いてもらった方が組織としては最善に決まってますから。

 

そこにあなたの辞めたいという強い意志があるのであれば、その事のみを伝えればいいだけです。

あなたの頑なな想いを聞けば上司も諦めてくれます。

 

とにかく自分の人生を一番に考えて決断をして下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

辞めたいのに辞めさせてもらえない、という事は実際にはありえません。

そんな会社があるとするならばパワハラで訴えてもいいぐらいです。

 

ただ私の前の会社のように辞めにくい空気を出しまくる会社がごまんとあるのも事実です。

あなたが自分の人生に向き合って退職を決意したのであれば、しっかりと気持ちを伝えて新しいステージに進んで下さいね。

 

あなたの人生がさらにキラキラしたものになりますように、お読みいただき有難うございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
AKI
リクルート系営業会社に9年勤務。悩める営業女子のための、「売れっ子営業マンになるためのノウハウ」をお伝えしていけたらと思います!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ”売れる女”戦略会議 , 2018 All Rights Reserved.