営業や転職に関する相談はLINE@でお気軽に♪

営業コンサルと法人向け人材コンサルAKIのブログ

お問合せはこちらから

サボりまくりの営業でも売れる?営業歴10年の私が”サボりの極意”伝授

AKI
WRITER
 
サボりまくり営業
この記事を書いている人 - WRITER -
AKI
リクルート系営業会社に9年勤務。悩める営業女子のための、「売れっ子営業マンになるためのノウハウ」をお伝えしていけたらと思います!

こんにちは!

悩める営業女子の味方@AKIです。

 

今日もサボっちゃおうかな…

 

今日はこんな気持ちと葛藤しているあなたにお送りします。

営業マンはサボろうと思えばどれだけでもサボれちゃいますよね。

極論私は、数字だけしっかりと上げていればサボってもいいと思っています。

 

そして結論から言うと、サボっていても売れます。が!サボりまくるのはオススメしません。

 

この記事では下記のポイントに絞ってお話していきます。

  • 営業はなぜサボりたくなるのか
  • 適度にサボるメリット
  • 私の周りのサボりエピソート
  • サボりまくる営業と起こる事

 

上手くサボれば、逆に営業効率が上がります。

是非参考にしてみて下さいね。

 

  

営業はなぜサボりまくりたくなるのか

サボりまくり営業私は営業を10年やっていたので、営業がサボりまくりたくなる理由がとてもよく分かります。

逆に週5日営業コアタイムをまるっと営業活動に充てている人って少ないのではないでしょうか?

 

営業がサボりたくなる4つの理由がこちらです。

誰にも見られていない

営業マンは外に出てしまえば基本1人です。

1人=誰にも見られていない=サボろうと思えばいつでもサボれてしまうのです。

 

内勤であればお互いが監視の目となるのでサボれません。ただ営業マンは1人で行動するので自分の行動は自分でコントロールするしかありません。

サボりたいという気持ちに勝てなければ、好きなだけサボれてしまいます。

毎日忙しいわけじゃない

スケジュール帳がフルで埋まっている営業って少ないですよね。

日によってはアポイントがない日もあるので、そういった日の時間の使い方は個人にゆだねられます。

 

アポイントとアポイントの間に時間が空けば、その時間にサボれてしまいますしね。

本当に自分次第!!

ストレスがたまる

私はこれが一番大きかった!!

営業は対お客様を相手にするので日々色々な出来事が起こります。

 

自分1人で完結できる仕事が少ないので、その分ストレスもたまります。

そういった時に、気分をリフレッシュさせるためにサボりたくなります。

現実逃避がしたくなる

営業はノルマに追われます。

ノルマまで遠いと、その現実から逃げるためにサボりたくなりますよね…。

 

まさに現実逃避です。



適度にサボるメリット

私は適度にサボることは営業活動において必要だと思っています!!

理由はただ1つ!気分をリフレッシュできるからです。

 

気分が乗らないときに無理にお客さんに会いに行ったり、新規アプローチをかけてもその気持ちがお客様に伝わってしまい良い結果は生まれません。

自分のテンションって思っているより相手に伝わるものです。

 

であれば適度にサボってリフレッシュしてから営業活動を再開した方が効果的です。

私の周りのサボりエピソード

サボりまくり営業私自身や私の周りで行われていたサボりエピソードをご紹介します。

ちょっとしたものからおいおいってものまで色々とあるので参考までに(笑)

 

みんな上手くリフレッシュしながら毎日頑張ってますね…

買い物

よく営業途中に買い物してました(笑)

 

営業マン時代私の一番のストレス発散方法が買い物だったので、ファッションビルをぶらぶらしてはほしいものを買いまくっていました。

買ったものをギュウギュウに営業カバンに詰めて持ち帰っていたので、ありえないぐらい営業カバンが膨張していた日がよくありました(笑)

 

先輩は初売りに行って福袋を買って社用車に忍ばせていました。

カフェでお茶

これは日常です。

 

カフェはサボりというより、営業のアポとアポの合間に立ち寄って時間を潰すのに使っていました。

あとどうしても無気力で1人になりたい日はカフェで日中ボケーっと携帯いじりながら過ごしていたりもしましたね。

昼寝

車営業だったので、昼過ぎによく睡魔が襲ってきてました。

 

そのまま運転しても危ないしという理由をつけて、コンビニの駐車場で寝ていました。

逆に30分程睡眠をとると、その後頭がすっきりした状態で営業に臨めるのでオススメです。

長電話

先輩や同僚と、暇を見つけて長電話していました。

あのお客さんがどうだ、ノルマまであとどのぐらい…などとたわいもない話をしてテンションを上げていました。

 

時には1時間以上電話してしまう事もあったので、れっきとしたサボりですね(笑)

朝直行のふりして寝る

朝、どうしても気分が乗らない日ありませんか?私はよくありました。

そんな時はお客さんのところに直行という事にして少し長めに睡眠をとっていました。

 

メンタルを整える為にもとても大切です。



夜直帰のふりしてご飯

夜直帰のふりしてご飯、これは皆やっていましたね。

 

営業先から社内に戻ると、色々と事務作業を頼まれてなかなか帰れなくなってしまうんですよね。

なのでアポが早く終わっても帰社せずにそのまま家に帰ったりご飯に行っていました。

野球観戦

これは強めエピソードですよね(笑)

私の先輩で野球好きの人がいて、よくサボって野球観戦に行っていました。

 

これも夜直帰のふりしてご飯と同じたぐいのサボりですね。

旅行

土日を利用して旅行したい子が、金曜日営業のふりして早く帰ってそのまま空港に向かっていました。

 

これも営業だからこそ成せる技ですよね。

転職活動

営業時間に転職エージェントで面談をしている子がいました。

どうしても平日の日中しか予定が合わなかったらしく、致し方なく向かっていました。

 

ただ、スーツですしそのまま面接に向かってまた戻ってこれるのでカシコイやり方ですよね。

サボりまくりの営業に起こる事

とはいえ”サボりまくる”営業マンは絶対に業績が悪化します。

サボる際には限度を考えましょう。

 

私は自分で言うのも何ですが、メリハリをつけるのがとてもうまかったと思っています。

やるときはガッと営業に集中して、疲れたら少し休んで、またガッと営業してというコントロールがとても得意だったので、リズムを崩すことなく上手くリフレッシュ出来ていました。

そしてもちろんノルマは必達は最優先なので、達成できていないのにサボるという事は一切なかったです。

 

今サボることがクセになってしまっている人は、メリハリを心がけてみて下さい。

ずっと頑張り続ける必要はないんです。

 

ただ、営業する時間・サボる時間のコントロールだけ大切にして下さいね。

まとめ.

いかがでしたでしょうか。

サボりまくりの営業は売れませんが、上手くサボれる営業は売れます。

 

頑張る時間、気を抜く時間を上手く自分の中でコントロールして最高のパフォーマンスをする事が営業マンを長く続けるにはとても大切です。

 

頑張り続けて息切れをしてしまっては元も子もないので、メリハリをつけて楽しく営業活動に臨んでくだいね。

 

是非参考にして頂ければと思います。

お読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
AKI
リクルート系営業会社に9年勤務。悩める営業女子のための、「売れっ子営業マンになるためのノウハウ」をお伝えしていけたらと思います!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ”売れる女”戦略会議 , 2019 All Rights Reserved.